自由設計を学ぼう

自由設計で指定できるところ・できないところ

自由設計で指定できるところ・できないところ ここ数年で自由設計の家が人気を呼んでいますが、どこまで自由に指定できるのかということが、良くわからないという声も聞かれています。自由度についての定義は、工務店やハウスメーカーによって異なる部分がありますが、共通の認識として捉えられているのは部屋の間取りについては自由に決められるというところです。従ってキッチンやバスルーム等は決められていると考えてください。 建売住宅に比べて間取りが自由設計出来るということは、家族にとってかなり住みやすい住宅が期待出来ます。家族の人数によってその間取りは大きく変わることがありますし、動線等を考慮して間取りを工夫ことで家の中でも格段に動きやすくなるはずです。また、指定範囲が決まっていることも間取りを決める際に迷いを無くします。そういった意味では自由設計の住宅というのは、注文住宅に比べて制限はあるものの費用を格段に抑えることが出来るという点で満足度が高い住宅だということが出来るでしょう。

自由設計の物件についてのメリットとデメリット

自由設計の物件についてのメリットとデメリット 住宅の注文方法の中には、自由設計と言う注文方法があります。この注文法は一見すると自由と記載がされているため、注文住宅のように任意に室内の間取りや設備を選ぶことが出来るように感じますが、実はそうではない設計法です。この自由設計と言う注文法は、建売住宅と注文住宅の間を取った注文法です。物件としては、間取りのみが任意に変更できるという特性は生かされていますが、室内に備え付けるエアコンやお風呂等で使用する湯沸かし器などは建築会社に関連しているメーカーの製品を使用するため自由に設備を搬入することは出来ないということになります。これがデメリットになるのですが、反対にメリットはと言うと自由設計は、間取りのみを柔軟に決めることが出来る性質上経費を削減して住居を建てることが出来るのが利点です。これは、マンションなどでも採用されている手法でマンション内の広さを変更することは出来ないのですが間取りを自由に変更することで室内空間を入居者が好む物件へと改装することが出来るのが自由設計の利点になります。

新着情報

◎2020/11/27

サイト公開しました

◎2020/10/15

サイト公開しました

「設計 指定」
に関連するツイート
Twitter