入居できるまでにかかる期間

入居できるまでにかかる期間

入居できるまでにかかる期間 自由設計住宅に入居できるまでにかかる時間ですが、一般的な住宅で例をとると1年くらいかかるのが通常ですがあくまでもこれは目安にすぎません。
広い家に該当する場合は、さらに時間が経過することもあります。
なぜ自由設計住宅に住むのにこれだけ時間を要するのかですが、まず家づくりのイメージを固めるなどの準備期間に3ヶ月から4ヶ月程度かかります。
この準備期間は人によって変わっており、こだわりをもった人であれば1年以上かけるという人も珍しくありません。
土地がない人は土地探しをする期間もあり、それも準備期間の中に含みます。
契約から工事着工までの間も平均3ヶ月から4ヶ月はかかります。
打ち合わせ回数は平均で5回から10回程度であり、何度も打ち合わせる中で家づくりの具体的な部分を決めるという流れです。
工事着工から完成を経て引き渡しの日までは4ヶ月から半年程度までみると良いでしょう。
ただ、ローコストでつくる住宅メーカーの場合は工法が決まっていることにより完成まではやいのが特徴です。
その場合は早くて2ヶ月で完成することもあります。

自由設計のハウスメーカーと売買契約を行う場合に

自由設計のハウスメーカーと売買契約を行う場合に ハウスメーカーにはそれぞれに特徴があり、比較的コストが安い企画型の住宅を得意としているメーカーや、ユーザーの注文に柔軟に対応して凝った住宅の建設を得意としているメーカーなど様々です。
予算に限りがあったり、それほど住まいに関してこだわりが多くなかったりというファミリーであれば、ローコスト規格住宅でも十分に満足することができるものと言えます。
しかし、せっかくの注文住宅であれば自分たちの理想を詰め込んだ自由設計の家を実現したいと考えているファミリーにおいては、そのサポートを的確に行ってくれるハウスメーカーを選ぶことがおすすめです。
一言で自由設計と言っても、住宅の構造や工法によって実現できる部分とそうでない部分もありますので、まずは希望するプランニングにしっかりと対応してもらえるかどうかという観点で売買契約を結ぶ施工会社を選ぶことがベストと言えるでしょう。
長い期間にわたって、日常的な生活の場所となる住宅ですので、快適性や暮らしやすさ、生活することの喜びを感じられる自由設計の家を実現したいものですね。

新着情報

◎2021/2/4

入居できるまでにかかる期間
の情報を更新しました。

◎2020/11/27

依頼するなら安心感のある業者
の情報を更新しました。

◎2020/10/15

サイト公開しました

「設計 入居」
に関連するツイート
Twitter